ページTOPへ
パラマウント・ピクチャーズ
「ツイン・ピークス」は、90年代初頭に、当時の全米3大ネットワークの一角であるABCが放映しました。番組のキャッチは「誰がローラ・パーマーを殺したか?」。カナダ国境に近い町ツイン・ピークスの浜辺で、美しい女子高生ローラ・パーマーの死体が、ビニールにラップされた状態で発見されます。この「世界一美しい死体の謎」を解き明かすこと、すなわち「ローラ・パーマー殺害事件の犯人捜し」を主題に据え、「田舎町のワケアリすぎる美男美女」「FBI捜査官による奇天烈な捜査方法」「チェリーパイやドーナツなどジャンクフードの魅力」といった人々の好奇心や食欲を刺激する要素を盛大に散らして、全米を熱狂の渦に巻き込んだ伝説的なカルトシリーズです。

クリエイターはデイヴィッド・リンチ。リンチ自身、テレビシリーズを手がけるのは初めてでしたが、怪作『ブルーベルベット』でオスカー監督賞にノミネートされ、続く『ワイルド・アット・ハート』ではカンヌ映画祭でパルムドールを受賞するという、超乗り乗りの時代の仕事です。面白くならないわけがない。もう1人のクリエイター、マーク・フロストとともに、リンチは「今までに誰も見たことがないテレビドラマ」を作り上げ、全米のテレビ業界にイノベーションをもたらしました。

ブームは、1年遅れで日本にもやって来ます。ちょうど、バブルの終わり頃だった日本でも「ツイン・ピークス」は熱狂的に迎えられました。WOWOWの開局記念番組として91年4月に放映が始まり、追ってアミューズビデオからビデオが発売されると、たちまち若者たちが飛びつき、レンタルビデオ店では「ツイン・ピークス」のパッケージから「貸出中」の札が取れることはありませんでした。
ブームは雪だるま式にエスカレートします。ロケ地を訪ねるツアーが催行され、1年間で300人を超える日本人が、シアトルとその近郊のスノコルミーを訪れ、現地で大歓迎を受けました。ローラ・パーマーの命日(2月23日)には、新宿駅の東口広場で追悼集会が行われ、3000人以上(推定)のファンが集まりました。缶コーヒーのジョージアは、ドラマの主人公クーパー捜査官のコーヒー好きにちなんで、自社の缶コーヒーのCMを「ツイン・ピークス」仕立てで連作にしました。CMを監督したのはもちろんデイヴィッド・リンチ。このCMは今でもYouTubeで見ることができますが、今思えば、クレイジーとしか言いようがありません。

92年5月に公開された映画『ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間』は、配給収入が8億円でしたから、およそ100万人ぐらいの動員を記録したことになります。

そして、92年「ツイン・ピークス」は流行語大賞の銅賞にも選ばれました。本当に凄いブームだったんです。ミニシアター大好きシネフィルから、普通のドラマ好き主婦まで老若男女がみんなで熱狂したという希有な作品でした。

「ツイン・ピークス」の本国アメリカにおける功績は、「テレビドラマの常識をぶっ壊した」ということ。放映したのはABCでしたが、暴力表現、性表現、奇形のキャラクターなど、3大ネットワークのプライムタイムにおける限界ギリギリの描写表現にチャレンジしています。だから「ツイン・ピークス」がなかったら、「X-ファイル」も「24 -TWENTY FOUR-」も「LOST」も生まれてこなかったと断言できます。面白いのは、「X-ファイル」のモルダー捜査官ことデヴィッド・ドゥカヴニーも、「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアーことキーファー・サザーランドも、実はしっかり「ツイン・ピークス」に出演しているんですよね。
駒井尚文(映画.com 編集長)