芸能・テレビ

リトグリオーディション年齢制限や倍率は?応募条件の詳細も

Little Glee Monsterのメンバーが5人体制での活動を終え、新たにメンバー募集のオーディションを開催すると発表がありました。

あのリトグリメンバーになれるかもしれないオーディション!!

資格があるならぜひ受けてみたい人も多いのではないでしょうか?

 

そこで気になるのは年齢制限や応募条件の詳細ですよね。

どれくらいの倍率なのかも重要になると思います。

リトグリに選ばれる人材なので、かなり厳しい応募条件なのかな?と思いましたが、大きな枠で見てくれるようでしたよ〜!

 

そこで今回この記事でまとめた内容はこちらになります。

 

・リトグリオーディション年齢制限

・リトグリオーディション倍率は

・リトグリオーディション応募条件の詳細

 

リトグリオーディション年齢制限

早速リトグリオーディションの年齢制限について調べてみました。

【応募資格】

パフォーマンス部門・・・2022年8月1日時点で満25歳までの方

クリエイティブ部門・・・年齢制限無し

 

満25歳までとは25歳になっていない人のことになります。

早生まれで今年25歳・・・などと考えるとややこしくなりますが、今回はそのようなことは考えません。

8月1日時点で25歳になっていなければ申込み可能になります。

 

【満○歳計算方法】

①現在の西暦(2022年)から自分の生まれ年を引きます。

②満○歳が出てきます。
・その年の誕生日を迎えている人・・・①がそのまま満○歳
・その年の誕生日を迎えていない人・・・①−1歳が満○歳

もしリトグリオーディションに興味があり、満25歳までの方はぜひ応募してみてくださいね!

もしかしたら人生の変わる出来事が起こるかもしれません。

リトグリオーディション倍率は

リトグリオーディション倍率はまだわかっていません。

応募者数やどれだけの人が合格するのか?という内容で決まってきますので、このようなことが公表されたらわかってきます。

 

参考までに大手事務所のボーカルオーディションは1,563,675倍であると言われています。

この大手事務所は最も多い応募者のときのことを言っていますね。

その時は、125,000通の応募があり書類審査を通過したのが1200人。

書類審査だけで100人に1人(105倍)という倍率でした。

 

またそこから二次審査、最終審査に残ったのはたったの8人ということで、書類審査だけでも通過が難しい事がわかります。

きっとリトグリオーディションもたくさんの応募があるでしょう。

これほどまでとはいかないかもしれませんが、簡単に通過できるようなオーでは無いことは確かです。

 

リトグリオーディション応募条件の詳細

リトグリオーディション詳細もまとめていきますね!

・パフォーマンス部門

・クリエイター部門

 

パフォーマンス部門

1次審査:2022年7月25日〜8月10日
2次審査:2022年8月21日・25日〜31日
3次審査以降:2022年9月〜11月頃
合格者決定・活動スタート:2022年秋〜冬予定

・合格した場合にただちに活動することに支障がない方

・2022年8月1日時点で満25歳までの方

・審査に参加できる方

・審査過程でメディアへの出演が可能な方

・遠方に住んでいる方は審査参加のために速やかに上京できる方

・多様なスタイルを想定しているため、様々な提案があるかもしれません。

・2次審査オーディション会場までの交通費・宿泊費は各自負担。

・未成年者が応募する場合は保護者の同意が必要。

 

クリエイター部門

1次審査:2022年7月25日〜8月31日

・年齢制限無し

・作品の分野やアピールポイントがわかるものをご応募すること。

・現在のお仕事との両立も可能

・現在会社などに所属の場合は、所属会社の了解を取ってから応募すること

・2次審査オーディション会場までの交通費・宿泊費は各自負担。

・未成年者が応募する場合は保護者の同意が必要。

 

応募フォーム・公式サイトはちらになります。

まとめ

今回は「リトグリオーディション年齢制限や倍率は?応募条件の詳細も」という内容でまとめました。

 

年齢制限はパフォーマンス部門は満25歳になっていない方、クリエイティブ部門は年齢制限無しでした。

また倍率はまだわからなかったものの、他のガールズボーカルオーディションでは、書類審査から100倍となっていましたね。

 

リトグリの倍率は一体どれくらいになるのかドキドキです。

応募者数は審査の途中や、新メンバー決定時に話してくれることも多いので楽しみに待っていましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。